いつまでも残す事ができるオリジナルTシャツは一生色褪せない大切な思い出

プリント加工を行う

データを入稿する

データをしっかりと確認して間違いがない事をしっかりと確認します。また、デザインの最終確認を行ってそのままプリントされても問題ない事を確認しておきます。

一度入稿してしまうと、データに手を加える事ができませんので注意しないといけません。そして、データの入稿はネットから行える様になっている事が多いので、規定に従って入稿します。データの入稿が終われば、後は完成した物が届くのを待つだけです。

混んでいる時には商品が届くのに時間がかかってしまう事もあります。学校のイベントなどで使用する場合には必ず間に合わせる必要がありますので、準備を行う際にいつまでに入稿すればいいのかを調べて、逆算するとわかりやすいですね。

間違いなどが発生しない様に注意しましょう。

商品の到着について

商品が到着するとそのままにしておくのではなくて仕上がりをしっかりとチェックしましょう。

プリントが正常に行われているかをチェックしましょう。また、枚数の確認も必ず行いましょう。オーダーしていた枚数より少ない場合には間に合わせる必要があるので、早めに会社に伝えないといけません。

そして、入金する必要があります。しっかりとサービス内容を確認して、指定された方法で入金しましょう。入金を行うタイミングは、会社によっても異なる場合があります。これは入稿する前に確認しておきましょう。

また、時間が経ってから追加でオーダーしたいという人はデータ―を保管してくれるのか、という確認も行っておくといいでしょう。そうすると、後のやり取りがとても楽になります。

理想のTシャツ作成をするにはデジタルコピー転写です

専用シートを使用し、パソコンのプリンターで作成した用紙を圧着する為に、専用の糊処理を行い、シャツにシートを圧着しTシャツ作成を行うデジタルコピー転写は、印刷をフルカラーで行うことが出来るので、色数がどれだけ増えても金額は一緒です。

発色が良い為、グラデーションなどを施したいシャツにおすすめです。アロハシャツなどはとても多く色を使用していますが、綺麗に印刷をすることが出来ます。パソコンでデザインをするので、理想的なTシャツ作成が簡単に行えます。1枚から発注することが出来るので、個人的にオリジナルシャツを作成したい方にもおすすめです。

インクジェット方法でTシャツ作成をしましょう

インクジェットプリントは、Tシャツ作成時に、直接インクを吹きつけてプリントをしていくので、版などを作成する必要がなく、比較的リーズナブルにシャツを製作することが可能です。機材がいらないので、1枚から発注することが出来るので、少ない枚数でフルカラープリントしたいときにおすすめの印刷方法です。

他のプリント方法に比べると、手触りがとても良いので高品質な仕上がりに感じる事が出来ます。インクを直接吹きかけているので、とても滑らかな仕上がりになっていますし、生地の影響を受けることなく、綺麗に発色させることが可能です。

メニュー

Tシャツ作成 オリジナルTシャツ Tシャツ

お店のユニフォームでオリジナルTシャツ作成をお考えなら、オリジナルTシャツの作成方法、費用などをチェックしましょう。ポロシャツや長袖Tシャツ、オリジナルキャップは東京都や大阪府、京都府、愛知県、福岡県といった全国対応のTシャツ専門業者にお任せください。

掲載のオリジナルTシャツ作成の情報以外のお問い合わせはこちら